読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くハツカネズミぶろぐ

働きながら感じたことをつらつら書き綴ります。インフラ企業下っ端。

MENU

サトクリフの歴史小説

突然ですがイギリスを代表する児童歴史小説家サトクリフの作品をご紹介します。

いくつか立て続けに。

 

 

トロイアの黒い船団』

トロイア戦争を題材にしたギリシア古典『イリアス』が元ネタの歴史小説です。

サトクリフはジュブナイル向けの歴史小説家ですが、大人が読んでも充分な歯ごたえのある文章と、絶妙な構成です。

『第九軍団のワシ』や『ともしびをかかげて』でもそうだでしたが、古典を下敷きにした作品でもそれがいっこうに勢いを失いません。

イギリスの小説はいつも文章の細部が美しいなと思うけど、サトクリフのは特に読んでて楽しいです。

話自体は有名なものなので中学生や高校生の頃から断片的に知っていましたが、成人してから読むと登場人物一人一人にいちいち共感してしまう。

あと、大事な場面で功名心や見栄、焦りや恐怖のあまりに余計なことを言ってしまう、してしまう、という人間味のある描写が昔は不満でした。

戦いに秀でた戦士だとか、聡明な統率者だとか登場人物を紹介しておきながら、どうしてここぞという場面でこんなことするんだ、普通の人間じゃないかと思っていました。

けど、今ではそれも許せてしまう。

壮大な戦いを描く戦記というのがベースになっていますが、戦いに絡めて人間のさまざまな面を明らかにする群像劇という意味でも素晴らしいです。


オデュッセウスの冒険』

説明するまでもなく同じくギリシア古典の『オデュッセイア』を下敷きにした小説。

トロイア戦争の地で長い年月を過ごした英雄オデュッセウスが、これまた長い年月を
かけて自国イタケに帰還するまでの冒険譚です。

知略と武勇を併せ持った英雄オデュッセウスの人間らしい部分を魅力的に描きつつ、
神々や行く先々で出会う人々の助けを借りながら、懸命に故郷を目指すオデュッセウスの姿を伝えています。

ナウシカ素敵でした。

強い望郷の気持ちは、留学してみたり、転勤してみたり、あるいは国土を揺るがす
災害を(少しだけですが)経験したりといった背景がなければここまで共感はしなかったかもしれない。

戦いでぼろぼろになっても、仲間を失ってもオデュッセウスが帰ろうと思ったのは故郷だけが日常を回復できる場所だからですね。


アーサー王と円卓の騎士』

イギリスに伝わるアーサー王伝説を、サトクリフが編纂・加筆したもの。
これもまた、単なる円卓の騎士の群像劇、アーサー王の伝記に留まることなく2つを融合しているのが良いです。

にしても、学生時代に1度読んだはずなのに、むっちゃ最初のところ以外は『トリスタンとイズー』しか覚えてなかった…とりあえず『トリスタンとイズー』大好きです。

とても悲しくて美しい愛です。

『ガウェインと世にもみにくい貴婦人』も後味がほろ苦い。
この本には2冊の続編があるのですが、このあとガウェインは再び心の安らぐ時が
やってくるんでしょうか。

まぼろしの都のインカたち

突然ですが児童書をご紹介します。

南米インカ帝国の歴史を扱った小説です。

スペインから来たピサロによってインカ皇帝アタワルパが処刑された後、
クスコ奪還とインカ帝国の再興をもくろむインカ戦士たちの物語。

峻険な山々に守られたビルカバンバの都が主な舞台です。

 

インカ族についてほとんど知識がなかったのですが、児童書と言うこともありとても読みやすかったです。

南米大陸を席巻するスペイン語圏の文化と、滅びていくインカ文明のせめぎあいが
ティトウ・クシの様子などから伝わってきました。

クスコを取り戻したい、インカ帝国を再建したいと言う思いを持っていても、
帝国の人すべてがそういった思いを抱けるわけではないと言う現実も描写されていたのが興味深かったです。

そんななかで、最後の皇帝となったトパック・アマルーが自身の処刑の前に泣き叫ぶ人々を宥める場面は印象が強かった。

インカ人としての認識が薄れ、スペイン語やスペイン文化を受け入れていても、
皇帝の挙動一つが心の奥に響くことがあるんだなと。

もっとインカ帝国について知ってみたいと思わせる一冊でした。

 

南米というと、ブラジルやアルゼンチンのサッカー選手の活躍くらいしか知識がありません。

あとは、ウユニ塩湖やマチュピチュナスカの地上絵といった絶景シリーズ。

学生時代に地理の授業で白人と他人種の分布を覚えたりもしましたが、あまり思い出せない…。

ナショナルジオグラフィックで、熱帯雨林に住む土着の部族の特集を見たことはありますが、それくらい。

スペインからコンキスタドールが侵攻してから、現在の姿に至るまでをちゃんと勉強したいです。

スペイン語を勉強していますので特に。

ただ、スペイン人が中南米で何をやらかしたか勉強したら、スペインのことが嫌いになるリスクは高いと思います。笑

 

この小説の前作では、皇帝アタワルパが処刑されるまでの過程を描いているのですが、アタワルパが処刑された罪状がとにかく酷かったです。

何も罪を問われるようなことはしていなかったのに、キリスト教徒を迫害したかのような言いがかりをつけ、処刑しています。

インカ帝国の人々は、小説の中でとても情に厚く穏やかな人々として描かれています。

もし本当にこのような文化的性格を持つ人々だったとしたら、取りいったり騙したりして彼らの資源を横取りすることは、とても簡単なことだったでしょう。

 

複雑な歴史を持つ南米の歴史探求の入り口として、ぜひお勧めしたい一冊です。

今年度の目標

今年度になってから早や一ヶ月経ってしまいました。

気付けば五月病のシーズンに突入しています。

 そんななか、たいへん今さらなのですが今年度の目標を書いてみることにしました。

 

勉強する

主に資格の勉強です。

スペイン語検定4級と、ドイツ語大ディプロムは取りたいと考えています。

できれば危険物乙4、証券アナリストも受検したいです。

ドイツ語は今年度中に大ディプロムを取得して、華々しくドイツ語コースを卒業したいです。

スペイン語検定4級は、根性で活用を覚えるしかないですね。

証券アナリストは秋の試験を受けて、1分野だけでも合格するのが目標です。

 

映画を観る

これまで、ライトな作品もディープな作品も好き嫌いなく観ているのが自慢でした。

今年度は少し趣向を変えて、白黒時代も含めた名作カテゴリの作品をどんどん観ていきたいと思います。

タイトルは知ってるけど、観たことない…という映画を少しずつ減らしにかかりたいです。

イングリッド・バーグマンオードリー・ヘップバーンなど、往年の大女優が出ている作品や、過去にアカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品を中心に観ていくのが今のところの予定です。

カサブランカ』、『ローマの休日』、『ブリキの太鼓』などでしょうか。

 

健康管理

最近仕事が忙しくなってきているので、これも大事な目標の一つです。

まずは早寝しないといけません。

そして、できれば自炊をしたいところです。今は全然できていないので…。

あとは、運動も本格的に始めたいです。

買ったまま買っただけになっているランニングシューズをフル活用したい。

 

蓄財・節税・資産運用

元手が少ないので大したことができないのですが、貯金術から運用して殖やすことまで今年度も頑張っていきたいと思います。

去年は初級編として、仕組み預金や投資信託ふるさと納税などから始めてみました。

今年度は別種の領域についてもリサーチや実践をすすめたいと思います。

地味ですが、メルカリを使う頻度を上げて、不用品を有効利用できるようになりたいです。

 

こうしてみると、やるべきことは今年も沢山ありますね。

もちろんブログも頑張って続けたいと思います。なかなか方針が定まらず、雑記が多いですが。

自分が書いていて楽しいと思えるだけでなく、他の方に面白いと思ってもらえたり、役に立つような記事が書けるようになりたいです。

まずは欠かさず更新するところから始める所存です。

記事をお読みいただき、どうもありがとうございました。

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

大泉洋さん主演の、北海道特に札幌を舞台としたミステリーです。

原作小説は読んだことがありませんが、映画を観て読んでみたくなりました。

飛行機の中でだいぶ前に観た作品ですが、最近ちょっと思い出したので書いてみます。

なお、映画第一弾は観ていませんがそれでもこの映画単体として楽しむことができました。

 

あらすじ

札幌の歓楽街すすき野で、オカマだてらにマジックを披露する「オカマジック」で人気を博していたマサコちゃん。

人気は留まるところを知らず、ある日マジックの全国大会でテレビ出演するまでになるが、大会での勝利から間もなくしてマサコちゃんは何者かに殺されてしまう。

探偵はマサコちゃんの死の真相を追い始めるが、マサコちゃんがファンだったと言うヴァイオリニスト河島もまた、謎を探るため北海道に来ていた。

河島を依頼人として、探偵は危険に見舞われつつも調査を進める。

その先には、すすき野の誰もが知らなかったマサコちゃんの過去と、予想もできなかった真相が待ち受けていた。

 

楽しみ方

コメディとしても謎解きとしてもゆるりと楽しめました。

探偵が住所も電話番号も明かさず(持たず?)、行きつけのバー「ケラーオオハタ」を連絡先にしていると言うのが、昭和を感じさせる設定ですね。

味があって好きです。

昭和の文豪か!と突っ込みたくなります。笑

 

見どころ

登場する時間は短いけど、マサコちゃんを演じるゴリの姿は個人的に印象に残りました。

とてもせつない。

寂しい過去や辛い記憶を持ちながら生きている人の姿は、どうしても印象に残って頭から離れなくなります。

終盤でマサコちゃんの抱えていた秘密が明らかになった時はそうだったのか…とため息が出そうになりました。

 

追っ手に追われている時の大泉洋さんや小野真千子さんのぎゃーすか騒ぎまわる様子も見どころの一つですが、これはある意味お約束と言っても良いですね。笑

小野真千子さんは自らの母語(?)である関西弁で出演されています。

 

あと北海道地域の政治の特徴(リベラルが強い)とか、ホモフォビアとか、シリアスな主題についても絡めて描かれていました。

いい意味で期待を裏切られた感じで、わりとおすすめです。

 

初めてこの映画を観たときは、まだ札幌どころか北海道未上陸でしたので、何度か北海道に足を運んだ今、もう一度観てみたい気もします。

まずは映画第一弾から手を付けたいところです。

原作ともども、鑑賞が終わったらご紹介できたらいいなと思います。

肌の健康を保つために

髪は女の命と言いますが、肌も女の命です。そうなんです。

アラサ―になって早や数年経ち、お肌も大変厳しい状況を迎えつつあるハツカネズミですが、健康と美は同じ源だという信念のもとスキンケアに励んでいます。

特に肌が脂っぽくなっていることには大変危機感を覚えています。

夕方ごろになるとテカりが気になって仕事も手につきません。

そんな当方ですが、少しでも状況を保つためにしていることをまとめました。

 

 

早く寝る

もう鉄則ですね。

これをできた日とできなかった日とでは、翌日の肌の様子が全然違います。

若い時は勿論、どんな日でもつるつるでしたが。

基本は毎日のターンオーバーを正常に行えるよう、早寝するのが最強なんですね。

肌だけでなく体全体がしっかり休めますので、それによって元気になることも肌ツヤに貢献します。

 

充分な水分

お風呂から上がってすぐに保湿します。

必要とあらばシートマスクの出番です。

化粧水もシートマスクも高いものは使っていませんが、安いものだからこそたっぷり使うことができています。

 

適度な洗顔

洗顔をし過ぎると、顔から皮脂が失われすぎてしまい、乾燥したり、焦った肌がさらに皮脂を出したりしてしまうそうです。。。

肌の調子を見ながら、ガシガシ洗いたいのをぐっとこらえて洗顔料を使い過ぎないようにしています。

 

洗髪のあとのすすぎ

頭の皮膚と顔の皮膚はつながっているので、頭皮の健康は顔の肌の健康とよく言われます。

シャンプーやリンスのあとにしっかりと髪をすすぎ、洗い残しがないようにしています。

 

野菜や果物を食べる

忙しくて外食やコンビニに頼りがちですが、なるべく果物や野菜を食べるようにしています。

肌の健康だけでなく、身体全体の健康のためにも、本当はもっとこの項目を頑張りたいところです。

あと、飲み会の翌日はアルコールが体に負担をかけるのか、夜更かしのためなのか、やはり肌の調子が悪いことが多いですね。

栄養のあるものを食べて早寝するのが、結局一番だと言えそうです。

 

いかがでしたでしょうか。

こうしてみると、基本的な健康管理にとっても大事なことばかりです。

ドイツ留学中、Gesundheit ist Schoenheit という、「健康こそが美」という意味のキャッチコピーを見かけたことがあります。

確か薬局かドラッグストアのディスプレイだったと思いますが、本当にその通りですね。

これからも、健康管理と肌管理に注意していきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

リスニングの練習

ドイツ語学習の思い出を少し書きたいと思います。

留学前のドイツ語学習は、とにかく試行錯誤が多く回り道が多かった記憶があります。

渡航前にもっと準備ができていたら、不安も軽減できていたのにもったいないことです。

どなたかの参考になることを願って書いてみます。

 

 

中級以上のクラスを求めて

大学でドイツ語を受講していましたが、中級くらいの内容でちょうどいいクラスが
あまり見つかりませんでした。

初級くらいまでは大体、どんな人でも受講できる内容が用意されていますが、
中級クラスは需要が少なく、
上級クラスに行くと、既に留学経験のある人ばかりでそれもまた辛い。笑

英会話教室のドイツ語クラスに行ってみたものの、
受講者が少なく、ここも初級の内容しか需要がないようでした。

英語や中国語と違って学習者人口が少ないのもあって、どんなレベルにも潤沢なクラスを用意する、というのは難しいようです。

語学学校は商売ですから、人が集まらない講座をいつまでも開講しているわけにはいきませんよね。

 

リスニングの練習方法

ただ最近は、リスニングに限って言えば、学校の講義や、私立の語学学校に頼らなくてもいい状況になっています。

わたしはiPhoneユーザーなので、PodcastiTunes Uを利用してラジオ番組や語学コースを購読しています。

ドイツ語学習者へのおすすめは、ドイツのラジオ局Deutsche Welleが出しているPodcast
国際ニュースをゆっくり読んでくれる、ドイツ語学習者向けのプログラムがあります。

 

iTunes Uに行けば語学コースのメニューが溢れ返ってるのでいろいろ試すことができます。

いろんな分野の講義があるので、英語で何かを学びたい人も、第二・第三外国語を
勉強したい人もニーズに合った科目が見つかるはず。

講義は大体英語で行われていますので、自然と英語の練習にもなります。


もちろん、これらのコンテンツが有用なのはリスニングに関してのみなので、
読み書きや喋りに関しては別の練習が必要です。

別の練習についても、まとまってきたらご紹介したいと思います。

ドイツ語以外の学習方法についても、折に触れて書いていきたいです。

記事をお読みいただき、ありがとうございました。

福岡の良いところ

突然ですが福岡が大好きです。

特に福岡市の博多天神エリア。

九州に住んでいた頃たいへん楽しく遊ばせていただきました!

お洒落で賑やかで美味しい福岡の魅力をご紹介します。

 

 

美味しいものが沢山

 とんこつラーメン(バリカタ麺!)、水炊き、もつ鍋、鉄なべ餃子、焼き鳥など、とにかく美味しいものには事欠かない福岡。

福岡に滞在する折には、一食も無駄にしてはいけません。笑

ラーメン好きの私にはパラダイスともいえる場所でございます。

なお、九州ではラーメンと言えばとんこつ一択で、「何ラーメンにする?」などという会話はあり得ません。

また、卵色の縮れ麺を見ることもないでしょう。

そこにあるのは細麺のとんこつラーメンだけです。

とは言いつつも、一矢(いっし)のように異色のラーメン屋さんもありますので、訪ねられるだけのお店を訪ねていただきたいです。

屋台のラーメンは雰囲気を味わうのがメインの事が多いので、味を追求するなら店舗のあるところを訪ねるのが吉です。

麺類つながりでは、もつ鍋からの〆のちゃんぽんがとても美味しいいち藤も非常におすすめです。

お刺身も平均的に首都圏より美味しかったりします。

基本的に、お酒のお供になる食べ物は何でも美味しいと思って間違いありません。


買い物エリアも充実

 博多キャナルシティ、ソラリアプラザ、天神地下街VIORO、博多アミュなど、女性が服を買うためのあらゆる商業施設があります。

軍資金をしかと蓄えてそぞろ歩いてください。

以前は買い物と言えば天神(西鉄福岡駅周辺)だったようですが、ここ何年かでJR博多駅が再開発に本気を出したため、博多駅ビルもお店が充実しています。


少し足を伸ばして自然や古い町並みを満喫

電車で福岡から小旅行することになりますが、柳川や太宰府へ行ってみるのもお勧めです。

柳川は掘割のある古い街並みが残っており、そぞろ歩くのに最適です。

お腹が空いたらあなご飯を食べましょう。

太宰府は、学問の神様である菅原道真が祀られた太宰府天満宮があります。

九州国立博物館に行ってみるのも良いでしょう。


観光地は少なめ

食べ歩きやショッピングが楽しい福岡ですが、市内の観光地は少なめです。

大和朝廷の出張所・太宰府がありましたので、神社は沢山ありますが。

福岡を観光するときは、大宰府や柳川へ足を伸ばす時間を確保しつつ、市内は食べ歩きメインにするのが吉です。

 

いかがでしたでしょうか。

福岡に遊びに行く方の参考に少しでもなれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました。